太田市

鳳凰ファーム ほうおうバナナ

ほうおうふぁーむ ほうおうばなな

2022年5月13日

鳳凰バナナ

1本 350円〜
販売時期…通年
栄養…食物繊維、カリウム、マグネシウム、ポリフェノール、ビタミンB群 等

もちもちでねっとり純国産!群馬産まれのバナナ

太田市にあるゴルフ場「鳳凰ゴルフ」が新事業として始めたバナナ作り。ゴルフ場の敷地にビニールハウスを設け、2020年12月に植え付けを開始。「ほうおうバナナ」というブランドで2022年の今年4月から順次収穫を始めています。
ハウスは高さ6mもある巨大なもの。ハウス内には130本ものバナナの木が植えられていて、まるでジャングルのよう。3m以上にもなる大きなバナナの木に、8~12房のバナナの房が実をつけていました。
こだわっているのは土作り。「ほうおうファーム」では鳳凰ゴルフの親会社「祥和コーポレーション」が手がける産業廃棄物処理で出た産廃物を活用した土作りを行っています。再生瓦礫を敷いた上に木材や堆肥を混ぜ込んだ土作りでを行い、環境にもやさしく、水はけもいい良質な土が完成します。
植え付けから10ヶ月で花が咲き、その後6ヶ月で収穫。さらに15度~20度で管理された室(むろ)と呼ばれる保管庫に入れ、2週間ほど熟成させてからようやく出荷することができます。
栽培しているバナナは高級バナナとして知られる「クロス・ミッシェル」という希少品種。香りが良く、もちもちでねっとりとした食感が特徴です。皮が薄いので皮ごと食べられる品種としても知られています。
購入してからはしばらく置いて、皮の表面がだんだん褐色に変わるころが甘くて食べごろです。

太田市にある鳳凰ゴルフ場の敷地内で始めたバナナの栽培。生産するのは岡山で「もんげーバナナ」の生産や福島県の復興事業として始めたバナナ栽培に携わった経験のある中神洋二さん。4月に初収穫してから少しずつ販売をスタートした「ほうおうバナナ」。通年出荷できるよう栽培し、年間20,000本の出荷を目指しています。「珍しいバナナ栽培で地域を盛り上げていきたい」と中神さん。群馬県産のバナナをより多くの方に知ってもらいたいと意気込みを話してくれました。
ハウス内ではバナナのほか、パイナップルやパパイヤ、コーヒーも栽培しています。これらの作物も収穫が楽しみです。
「ほうおうバナナ」は鳳凰ゴルフレストラン、道の駅、赤木高原SAなどで購入できます。また鳳凰ゴルフレストラン
では自慢のバナナを贅沢に使用したバナナジュースも楽しめます。ぜひ味わってみてください。

バナナジャングル
ハウス内はまるでジャングルのよう

ハウス大きい
高さ6mのハウスには130本の木が植えられている

バナナを収穫
バナナ収穫

バナナ切り分け
収穫したバナナを房ごとに切り分けている様子

バナナ袋
丁寧に袋づめされて店頭に並ぶ

鳳凰パイナップル
ハウス内で育てているパイナップル

【販売店】
鳳凰ゴルフレストラン
道の駅
赤木高原SA 他

問合せ

住所 群馬県太田市北金井町903
TEL 080-9528-4601(鳳凰ゴルフ俱楽部農産事業部)
 

※掲載内容は2022年4月27日現在までの情報をもとに作成しています。