日本絹の里 第95回 特別展

群馬県作家協会展 〜絹によせる伝統文化〜

あき、さかぐらにて のにこがれて-あきさかしきそとあそびろん-

2020年12月11日

令和2年12月19日(土)〜令和3年2月1日(月) 9:30〜17:00

チラシ表裏(小)「群馬県作家協会展」-1

群馬県では、古くから養蚕が盛んに行われており、染織業や養蚕用具、養蚕の神様など、絹文化に関係する数多くのものが現代に伝えられています。本展では、絹文化と創造の魅力を未来へと伝えるため活動している群馬県作家協会会員11名の作品を紹介します。ギャラリートークや実演会、ワークショップ(要電話予約・有料)などの関連行事も開催予定です。

基本情報

日時 12月19日(土)〜2月1日(月) 9:30〜17:00
休館日 毎週火曜日 12/27(日)〜1/2(土)・4(月)
会場 群馬県立日本絹の里 高崎市金古町888-1

TEL 027-360-6300br />
WEB https://www.nippon-kinunosato.or.jp/
●*今後の新型コロナウィルス感染症の発生状況により、開催内容が変更になる場合があります。お出かけ前に最新情報をホームページなどでご確認下さい。

※掲載内容は2020年12月3日現在までの情報をもとに作成しています。