ガラス工房

こもれび がらす工房

こもれび がらすこうぼう

2019年10月17日

こもれびがらす388

夫婦二人三脚で作リ上げるガラス作品

こもれびがらす724

高城健治さん・美和子さんご夫妻が営む「こもれび がらす工房」。健治さんが吹きガラスで作品を形作り、美和子さんが砂状の研磨剤をコンプレッサーで吹き付けるサンドブラストという技法で模様を彫って、ふたりでひとつの作品を作り上げている。行きつけの喫茶店に飾ってあるガラス細工に興味を持ち、自分でも作品を作ってみたいと思ったことがきっかけで、ガラス職人の道に進んだ健治さん。高崎市の田島クリスタルで経験を積んだのち、藤岡市にある土と火の里公園のガラス工房にて、「こもれび がらす工房」として活動を開始し、美和子さんも健治さんの仕事を手伝うようになった。

まず、健治さんが厳選した良質のガラスパウダーを炉で熱してガラス玉を作り、その表面に色付きのガラスパウダーを重ねて更に熱し、層にしたものを吹いて形を作る。続いて、美和子さんがサンドブラスト技法でガラスを彫り、模様を浮き出させて、ひとつの作品が完成。模様のデザインは、美和子さんが担当。先人の作品から刺激を受け、サンドブラストの技術を磨き、草花の細かい葉脈なども丁寧に彫り込んでいる。健治さんは、根っからの職人気質。自分の思い描いたものをかたちにすること、同じ形のものをいくつも作れるように、日々努力している。「なにより、お客様に気に入ってもらえる作品作りを目指しています。」と、ふたり揃って語ってくれた。作品は、工房にて購入できるほか、作品展でも販売される。工房を訪れる際は、事前にお電話を。

こもれびがらす392
*ランプ 12,000円〜

こもれびがらす396

こもれびがらす406

こもれびがらす403

こもれびがらす722
*グラス 5,000円〜

こもれびがらす668

こもれびがらす382
*工房内 展示コーナー

こもれびがらす399

こもれびがらす433
*作品展の様子

こもれびがらす439

こもれびがらす442

こもれびがらす436

基本情報

住所 群馬県藤岡市保美352-1(※工房にお越しの際は、事前にお電話ください)
定休日 不定休
TEL 0274-20-1415
Facebook https://www.facebook.com/%E3%81%93%E3%82%82%E3%82%8C%E3%81%B3%E3%81%8C%E3%82%89%E3%81%99%E5%B7%A5%E6%88%BF-311450045703513/
 

※掲載内容は2019年10月9日現在までの情報をもとに作成しています。