利根郡 片品村

桑原清 ぜいたくトマト

くわばらきよし ぜいたくとまと

2019年9月5日

*ぜいたくトマト1袋 380円  販売時期…7月中旬〜10月いっぱい 食べ方…そのまま丸かじり 栄養…カリウム、リコピン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ルチン、ビタミンB6、食物繊維

*ぜいたくトマト1袋 380円  販売時期…7月中旬〜10月いっぱい 食べ方…そのまま丸かじり
栄養…カリウム、リコピン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ルチン、ビタミンB6、食物繊維

*桑原さん

*桑原さん

甘くて濃厚な味わいが特徴のぜいたくトマト

自然豊かな片品村でトマトを育てている桑原さん。水を与えすぎるとトマト自体の味が薄くなってしまうため、葉や実の状態を見極めながら少しずつ水を与えている。また、ぜいたくトマトは甘みが強い分、トマトの下の部分が黒くなる「尻腐れくされ果」を起こしやすい事から、肥料には特に気を使い、厳選したこだわりの肥料を与え、手間をかけ大切に育てている。そんな桑原さんが育てるトマトは、しっかりとした果肉と濃厚な味わいが特徴。甘さと酸味のバランスがよく、かぶりつくと口いっぱいにトマトの旨味が広がる。一度食べるとその美味しさにハマり、毎年購入するというリピーターも多い。

まずは一度食べてこの美味しさを味わって欲しい

片品村の農協に勤めていた桑原さん。トマト農家の先代でもある父が亡くなった事をきっかけに、病院に勤めていた奥さんも一緒に早期退職し、トマト農家を始める。就農して12年、決まったやり方がなく臨機応変さを求められ、天候に左右されるなど苦労する事も多いが、子供のように愛情と手間をかけた分、いいものができる所にやりがいを感じているという。今でこそ多くの方に知られるようになった片品村のトマトは、父の世代の苦労があってこそ今につながっている。そんな父達が育て続けた片品村のトマトをこれからも安定して届けていきたいという桑原さん。とにかく、一度食べてこの味を多くの方に知ってもらいたいと話してくれた。

*ぜいたくトマトジュース  180ml 330円、1ℓ1,300円 青臭さがなく、トマトが苦手な方でも飲めると評判

*ぜいたくトマトジュース
180ml 330円、1ℓ1,300円
青臭さがなく、トマトが苦手な方でも飲めると評判

*ぜいたくトマトハウス内

*ぜいたくトマトハウス内

*鮮やかな朱色に色づいたトマト

*鮮やかな朱色に色づいたトマト

*皮が薄く甘くてジューシーなミニトマト「プチぷよ」

*皮が薄く甘くてジューシーなミニトマト「プチぷよ」

【販売場所】
尾瀬市場各店舗 ・利根町本店 【住】沼田市利根町平川1113・尾瀬市場inカインズ渋川有馬店 ・尾瀬市場inカインズ前橋店  ・尾瀬市場inカインズ伊勢崎店

※掲載内容は2019年8月28日現在までの情報をもとに作成しています。