利根郡昭和村

ほさか農園 やよいひめ

ほさかのうえん やよいひめ

2019年3月7日

*いちご 販売時期…12月〜6月中旬頃 食べ方…そのまま丸かじり 栄養…ビタミンC、カリウム等

*いちご 販売時期…12月〜6月中旬頃 食べ方…そのまま丸かじり 栄養…ビタミンC、カリウム等

*保坂さん一家

*保坂さん一家

大粒の中に旨味がぎゅっと詰まった甘くて瑞々しいやよいひめ

自然豊かな昭和村でやよいひめを育てているほさか農園。農薬は極力使用せず、土の消毒は太陽消毒を行い、殺虫には天敵防除を行うなど、安心安全ないちごを育てている。また、大きくて甘いいちごを育てるため、土作りには特に手間をかけ、徹底的にこだわっているという。そんなほさか農園のいちごは、驚くほどの大きさと甘さが特徴。旨味がぎゅっと詰まった大粒のいちごを一口食べると、ジュワッと果汁が溢れ出し口いっぱいにいちごの甘さと香りが広がる。ツヤがあり、鮮やかな赤い色は見た目にも美しく贈答用にもおすすめ。

群馬のいちご「やよいひめ」の生みの親

40年以上いちごを育てているほさか農園。約20年前、地元の品種のいちごを作りたいとの思いから保坂さん自ら行政に働きかけをし、品種の選定を行いやよいひめが生まれた。そんな保坂農園では、やよいひめの美味しさをもっと広めていきたいとの思いで、いちごの加工品オリジナルブランド「恋する果実」を展開している。ドライやよいひめを始め、1、5kgのいちごを丸ごと絞った100%やよいひめジュースや完熟やよいひめジャム、いちごの紅茶など様々。手間をかけて育てたやよいひめを贅沢に使用したそれらの加工品は、有名レストランに使用されたり、赤城高原SAで販売しているいちごソフトクリームに使用されたりと、ローカルブランドとして多くの方に知られている。ほさか農園ではいちごの他、ほうれん草や、とうもろこし、すいか、ナス、きゅうりなども栽培。農作物や加工品は、ほさか農園直売所のほか、赤城高原SA(上下)にて購入できる。

*ほさか農園ハウス内

*ほさか農園ハウス内

*赤く大きく育ったやよいひめ

*赤く大きく育ったやよいひめ

*「恋する果実」シリーズ いちごの加工品ドライやよいひめ

*「恋する果実」シリーズ
いちごの加工品ドライやよいひめ

*1.5kgのいちごをぎゅっと絞った 100%やよいひめジュース

*1.5kgのいちごをぎゅっと絞った 100%やよいひめジュース

*大粒で甘いいちごは贈答用にも喜ばれている

*大粒で甘いいちごは贈答用にも喜ばれている

【販売】
ほさか農園
赤城高原SA(上下)
〈住所〉群馬県利根郡昭和村大字森下字箱崎1650(上り)
〈住所〉群馬県利根郡昭和村大字森下字箱崎1552(下り)

お問合せ・直売

住所 群馬県利根郡昭和村森下722
営業 1月−5月/10:00〜16:00(月〜日曜)
TEL 0278-24-6862
web http://hosakafarm.com

※掲載内容は2019年2月27日現在までの情報をもとに作成しています。