米粉のパンとお菓子

ささや

ささや

2019年02月7日

*食べる米ぬか「マクロビスティック」大100本入り¥1,500(税別)小¥380(税別)

*食べる米ぬか「マクロビスティック」大100本入り¥1,500(税別)小¥380(税別)

地元産米粉で作るオリジナリティ溢れるパンとお菓子

*中島さん

*中島さん

館林市産の米粉を使用した、ベーグルや焼き菓子を作っている「ささや」の中島さん。趣味で天然酵母のパンやお菓子作りを行っていた中島さんは、実家が農家をしていたこともあり、農産物直売所と縁があり、2010年から館林の農産物直売所「ぽんぽこ」にて商品を販売するようになった。せっかく地元の直売所に置くならと、地元産の米粉で作るパンや焼き菓子を販売。商品が売れた時の喜びや、売れなかった時の悔しさを原動力に、美味しさはもちろん、オリジナリティーある商品を作るよう心がけている。また、パンやお菓子作りを行っている中で、食品そのものをより詳しく知りたいと思うようになった中島さんは、加工品について勉強。食品添加物を少しでも減らしながら、美味しく食べて、健康的に豊かに暮らすことを突き詰めていきたいと話す。

中島さんの作るパンや焼き菓子は、なるべく地元の物を使用し、素材の美味しさを活かした優しい味わいが特徴。もっちり、しっとりとした食感が楽しめる米粉で作ったベーグルは、チーズ、くるみ、チョコ、ぶどう、きな粉、金時豆の6種類。冬場だけ、地元産の野菜を使用した、人参やちぢみほうれん草のベーグルも登場する。また、健康志向の方におすすめなのが、米ぬか、玄米、ココナッツシュガーなど植物性の原料で作られた「マクロビスティック」。優しい甘さで、噛み応えがあり、噛むほどに素材の味わいが楽しめる。その他、地元農家さんから、はねだしのトマトを有効活用して欲しいとの依頼で誕生した、トマトの揚げ煎餅「とません」(夏季限定商品)など、オリジナリティ溢れる商品を展開している。今こうして活動しているのも、人とのつながりがあったからこそだという中島さん。ゆくゆくは、一人暮らしの方や単身赴任中の方でも、人と会いたい人が気軽に集まって、家族で食卓を囲むような、アットホームな食堂を作っていきたいと話してくれた。

*日替わりで3種類のベーグルが並ぶ

*日替わりで3種類のベーグルが並ぶ

*子供に大人気のチーズ蒸しパン

*子供に大人気のチーズ蒸しパン

イベント

◎【コミクルサロン】
日時:2月21日(木)
時間:10:30〜16:00
主催:コミクル
問い合わせ先:comikuru.smile@gmail.com
会場:セキスイハイム館林展示場(館林市松原3-13-9)

基本情報

住所 〈農産物直売所ぽんぽこ〉群馬県館林市楠町1987-1
営業時間 9:30〜18:00
TEL 0276-70-7788

※掲載内容は2019年1月30日現在までの情報をもとに作成しています。