魅力に溢れた手作りの帽子

com+position

こんぽじしょん

2018年12月20日

*店内に並んでいる彩豊かな帽子は、頭のサイズや色のオーダーも可能 ¥14,000〜

*店内に並んでいる彩豊かな帽子は、頭のサイズや色のオーダーも可能 ¥14,000〜

次世代へ受け継いでいきたい職人の技術

*com+position

*com+position

大正9年に建てられた石蔵で、オリジナル帽子の制作・販売から、OEM生産、各種加工を手がけている「com+position」。店名はフランス語で「工場」。造っているところを素直に見せたいとの思いでつけられた。代表の斎藤さんは、都内の古着屋に勤めた後、作る側に携わりたいと繊維業が盛んな桐生を訪れ、縫製業の会社に勤める。2010年に独立し、帽子のOEM生産を始め「com+position」を設立。2016年からは、仕事で付き合いのあった帽子職人の大山さんと組んで自社ブランド製品も製造するようになる。2018年3月には石蔵の他、古民家を改装した店舗兼アトリエもオープンした。外からでも歩道に面したガラスドア越しに、大山さんが帽子の製造をしているところを見学することができる。

古民家を改装したノスタルジックな雰囲気の店内には、華やかな色合いの帽子が並んでいる。その他、普段使いしやすい抑えた色味の帽子や、麦わら、ニットなど様々な帽子も揃っている。これらの帽子の製造に使用する器具は、特殊な縫い方ができるという年代物のミシンで、現在製造されていない入手困難な物を全国から揃えてきたという、扱うには高い技術を要するもの。このミシンで縫うことにより、糸の伸び縮みができ、被りやすい帽子に仕上がる。さらに、帽子の成型には現在国内では渋川市のみで製造されているという木型を使用。オリジナルの木型で美しく洗礼されたフォルムを生み出すことができる。それらこだわりの器具で、熟練の職人が製造する帽子は、手作りならではの優しい仕上がりと美しい形、使い安さ、長く使える強度が持ち味。斎藤さんは今後、この技術を伝えられるよう、新たな職人を育てていき、この技術を後世に伝えていくことが目標だと話してくれた。

*色とりどりの美しい帽子が並ぶ店内

*色とりどりの美しい帽子が並ぶ店内

*第1、第3土曜日に店内にてオーダースーツ販売会も 行いっている

*第1、第3土曜日に店内にてオーダースーツ販売会も
行いっている

*帽子の木型

*帽子の木型

*古民家を改装した店内

*古民家を改装した店内

*帽子作りに欠かせない年代物のミシン

*帽子作りに欠かせない年代物のミシン

基本情報

住所 群馬県桐生市本町2-3-1
TEL 090-4206-5159(サイトウ迄)
web http://www.com-position.net/index.php
 

※掲載内容は2018年12月12日現在までの情報をもとに作成しています。