利根郡昭和村

株式会社リーフェスト ほうれん草

かぶしきかいしゃりーふぇすと ほうれんそう

2018年12月13日

*ほうれん草 販売時期…通年 食べ方…サラダ、茹でる 栄養…鉄分、βカロテン、ビタミンC、カリウム等

*ほうれん草 販売時期…通年 食べ方…サラダ、茹でる
栄養…鉄分、βカロテン、ビタミンC、カリウム等

*金井さん

*金井さん

生のまま食べても美味しいほうれん草

昭和村でほうれん草を育てている金井さんの農園。標高の高い昭和村は、昼夜の寒暖差が大きく、ほうれん草の栽培に適しており旨味が詰まった美味しいほうれん草に育つという。昭和村の冬の寒い気候の中で育ったほうれん草は、甘みが増し、肉厚で特に美味しい。金井さんの育てるほうれん草は、えぐみが少ないので生のままサラダにして食べたり、茹でてからお好みの調味料で食べるのがおすすめ。

地元で取れた野菜を美味しく味わってもらいたい

大学を卒業後、飲食店などに務めたのち、実家に戻り農業を始めた金井さん。金井さんで3代目の農園は、ほうれん草の他、レタス、キャベツ、枝豆、きゅうりなどを育てている。近年の激しい気象の変化に左右されながらも、種から育てた野菜が思い通りに育つということにやりがいを感じているという金井さんは、新しい農業の方法を日々研究し、味が良く、栄養も豊富な野菜を作る為の努力を惜しまない。また、昭和村に来た方に地元の美味しいものを食べてもらいたいとの思いで、道の駅あぐりーむ昭和にて、クレープ店「Lactuca(ラクチュカ)」を営んでいる。店名は、ラテン語でレタスという意味。クレープの生地は地元のそば粉を使用し、昭和村で収穫した新鮮野菜を使用するなど、地元の食材にこだわっている。地元の旬の農作物をちょと変わった形で楽しめると観光客などに好評だ。クレープのメニューはお店のFacebookをチェックしてみて。

*大自然の中にあるほうれん草畑

*大自然の中にあるほうれん草畑

*収穫の様子

*収穫の様子

*金井さんの農園で育てたレタスがたっぷり 入った「Lactuca」のクレープ

*金井さんの農園で育てたレタスがたっぷり
入った「Lactuca」のクレープ

*昭和村産のかぼちゃを使用した「かぼちゃ&小倉&生クリーム」

*昭和村産のかぼちゃを使用した「かぼちゃ&小倉&生クリーム」

【販売店】
道の駅あぐりーむ昭和

【Lactuca】
営業 10:00〜16:00
定休日 水・木 ※12月〜3月は土日祝のみ営業

お問合せ

※掲載内容は2018年12月5日現在までの情報をもとに作成しています。