利根郡昭和村

ノームランド高橋 生ビーツ

のーむらんどたかはし なまびーつ

2018年11月8日

*生ビーツ 販売時期…通年 食べ方…クリームシチュー、白玉団子 など 栄養…ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウム、ビタミンC等

*生ビーツ 販売時期…通年 食べ方…クリームシチュー、白玉団子 など
栄養…ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウム、ビタミンC等

*高橋さん

*高橋さん

栄養満点、“食べる輸血”とも言われているビーツ

赤城山西麓に位置する昭和村の大自然の中で育てられているビーツ。ノームランド高橋では、1年程前からビーツの栽培を始めた。鮮やかな赤い色と独特の甘みが特徴のビーツは、栄養価が高く、鉄分、ビタミンなどを豊富に含み、疲労回復や基礎代謝向上などの効果も期待されている。ノームランド高橋では、そんなビーツを年間を通じて供給できるように栽培を行っている。火を通すとかぶのような食感になるビーツ。シチューに入れたり、白玉に混ぜて色を楽しむ使い方などがおすすめ。

発想力を活かし、楽しく農業を続けていく

結婚を機に旦那さんが営んでいる農家で農業を始めた高橋さん。昭和21年に初代が開拓、その後法人化したノームランド高橋は、高橋さんの旦那さんで3代目。昭和村の恵まれた環境の中、ビーツの他、レタス、ほうれん草、小松菜などの葉物野菜を中心に育てている。今後は、ビーツを使用した加工品などにも力を入れていき、長く農業を続けられるスタイルを構築していきたいという高橋さん。発想力やチャレンジ精神を強みに、社員一丸となって、楽しく農業を続けていきたいと話してくれた。ノームランド高橋の野菜は、道の駅あぐりーむ昭和内「旬菜館」や沼田市農産物直売所「やさいの杜」などで購入できます。

*ビーツ栽培の様子

*ビーツ栽培の様子

*「ビーツチップス」

*「ビーツチップス」

*クリームシチューにビーツを入れるだけで鮮やかなピンク色に

*クリームシチューにビーツを入れるだけで鮮やかなピンク色に

*ビーツとほうれん草で色付けしたカラフルな白玉団子

*ビーツとほうれん草で色付けしたカラフルな白玉団子

【販売店】
道の駅あぐりーむ昭和内「旬菜館」、沼田市農産物直売所「やさいの杜」

お問合せ

住所 群馬県利根郡昭和村
web https://gnomeland.jp/index.html

※掲載内容は2018年10月31日現在までの情報をもとに作成しています。