みなかみ町を拠点に活動しているTie dyeアーティスト

jalan jalan

じゃらんじゃらん

2018年07月19日

*バッグ大¥1,500、バッグ小¥1,200

*バッグ大¥1,500、バッグ小¥1,200

無限に色を表現できるTai dye染めの世界

*宝利さん

*宝利さん

「Tieタイ」は絞る、縛る、「DYEダイ」は染めるを意味し、タイダイ染めと呼ばれる、カラフルな色合いが特徴のアメリカのヒッピー文化発祥の染物。ものづくりが好きな宝利さんは、編み物を行うときに毛糸を染めようとしたことがきっかけでTie dye染めに出会った。気軽に始められる手軽さがありながら、色と色を混ぜ合わせることや、絞り方によって無限の表現ができるTie dye染めの奥深さにのめり込んでいった。宝利さんはTie dye染め作家として活動を初めて7年程。2018年7月にはTie dye染め体験ができるアトリエをオープン。絞って、染めた物を「広げる瞬間がたまらない」というTie dye染め。この感動を多くの方に伝えたいと、イベント先に出向いてワークショップなどの活動を続けている。

布を縛り、染料に付ける事によって様々な味のある色合いや模様を表現できるTie dye染め。宝利さんの染める作品は優しさのある淡い色合いが特徴。作品はTシャツや、トートバッグ、ピアスなど。使いたい色を指定したり、イメージを伝え、持ち込んだものを染める事もできる。店名の「jalan jalan」はインドネシア語で「お散歩」を意味する。お散歩がてら気軽に来てほしいという思いから名付けられた。無限の色が表現できる染物だからこそ、お客さんに直接色を伝えたいという考えからインターネット販売はしていない。今後も奥が深いTai dye染めの世界を追求していき、この楽しさを多くの人に伝えていけるようワークショップ、イベント出店など、積極的に活動していきたいという。ワークショップの予約はHPまたは電話にて受け付けています。

*店舗内

*店舗内

*4色の染料で染め上げた「虹」

*4色の染料で染め上げた「虹」

イベント

◎【温泉郷クラフトシアター2018】
日時:7月14日(土)〜7月22日(日) 10:00〜17:00 会場:四万温泉郷(第三小学校ほか)

基本情報

住所 群馬県利根郡みなかみ町上牧2230-1
TEL 090-2204-7194
web http://jalanjalan-minakami.com
 

※掲載内容は2018年7月11日現在までの情報をもとに作成しています。