渋川市

とまとや 桃太郎トマト

とまとや ももたろうとまと

2018年05月24日

*桃太郎トマト約600g 300円(税込)〜  販売時期…8月上旬〜翌年6月中旬  食べ方…サラダ、凍らせたトマトと豆乳で作るトマトシェイク 栄養…カリウム、リコピン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ルチン、ビタミンB6、食物繊維

*桃太郎トマト約600g 300円(税込)〜 販売時期…8月上旬〜翌年6月中旬 
食べ方…サラダ、凍らせたトマトと豆乳で作るトマトシェイク
栄養…カリウム、リコピン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ルチン、ビタミンB6、食物繊維

*長岡さん

*長岡さん

野菜の美味しさがしっかりと味わえるトマト

環境や人に優しい農業を実践する「エコファーマー」に認定されている長岡さん。肥料はなるべく堆肥を使用。農薬を極力使用せず安心・安全なトマトを育てている。長岡さんの作る「桃太郎トマト」は味が濃く、トマトそのものの味や香りが存分に楽しめる。また、果肉がしっかりしていて、熟しても実が崩れにくい事から、料理にも使用しやすく、トマトの美味しさを様々な形で味わえる。5月から6月頃が甘さと酸味のバランスがよく、特に美味しい時期。そのままはもちろん、暑い時期はカットしたトマトを凍らせて、豆乳と一緒にミキサーにかけるトマトシェイクがおすすめ。

毎日でも食べたいと思えるトマトをお届け

50年以上続くトマト農家で育った長岡さん。社会人の頃しばらくは、東京に住んでいたという。そんな中、実家のトマトを東京の知人に食べてもらった所、「ちゃんと野菜の香りがするトマトを初めて食べた」と感動されたことをきっかけに、あたり前に食べていた美味しいトマトをもっと多くの人に食べてもらいたいと思い、実家の農業を手伝うようになった。農業は試行錯誤の連続で苦労も多いが、「美味しかったよ」と言われる喜びがあるからこそ、美味しいトマトを届けられるように手間をかけ、栽培を続けているという。ハウスの中で作業を行っているとき、つまみ食いするトマトが楽しみだという長岡さん。今後も夫婦で力を合わせ、美味しいトマトを届けられるように頑張っていきたいと語ってくれた。「桃太郎トマト」の他、甘さが特徴の「フルティカ」も栽培している。

*甘さが特徴の「フルティカ」

*甘さが特徴の「フルティカ」

*ハウス内、連続摘芯をアレンジした栽培を行っている

*ハウス内、連続摘芯をアレンジした栽培を行っている

*袋づめされた桃太郎トマト

*袋づめされた桃太郎トマト

【販売店】
上州村の駅
〈住所〉群馬県渋川市白井2261

赤城農産物直売所
〈住所〉群馬県渋川市赤城町北上野287-3

しみずスーパー川原店
〈住所〉群馬県川原町2-4-4

ヤオコー前橋箱田店
〈住所〉群馬県前橋市箱田町118-1

あうたびマルシェ(東京)

※掲載内容は2018年5月16日現在までの情報をもとに作成しています。