沼田市利根町

小林明久 行者にんにく

こばやしあきひさ ぎょうじゃにんにく

2018年05月10日

*行者にんにく 販売時期…4月〜6月中旬頃 食べ方…めんつゆ漬け、酢味噌和え、野菜炒め、天ぷら 栄養…ビタミンC、ビタミンD、鉄、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB6

*行者にんにく 販売時期…4月〜6月中旬頃 食べ方…めんつゆ漬け、酢味噌和え、野菜炒め、天ぷら
栄養…ビタミンC、ビタミンD、鉄、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB6

*小林さん

*小林さん

山に囲まれた利根町で育った行者にんにく

涼しい気候を好む行者にんにく。山に囲まれた利根町は日照時間が短く、行者にんにくの栽培には適している。自分用に行者にんにく栽培を始めた小林さん。行者にんにくは、3〜4年で根が張らなくなる為、見極めてから植え替えをしなければならないなど手間がかかる。試行錯誤を繰り返し栽培していたところ、地元で評判になり、尾瀬市場でも販売するようになった。小林さんの作る行者にんにくは生き生きとしたキレイな葉が特徴。シャキシャキとした食感と独特の香りがクセになる、尾瀬市場で人気の商品となっている。

作るも守るも大変な農業を元気に続けていく

建設業をしていた小林さん。仕事を引退後、利根町にある親族が所有している農地で農業を始めた。重機を使い、荒れていた農地を小林さんと奥様の二人で開拓、野菜作りを始めて10年になる。山に囲まれた利根町での農業は、天候に左右されたり、収穫間近になったところで猿に荒らされたりと苦労が多いという。手間も苦労も多い農業だけど、体を動かして作物を育てる事により、元気でいられるから続けているという小林さんは、若々しく活き活きとしている。とことん追求して農作物を育てる小林さんの野菜は、どれも評判が良く、直売所では人気の生産者。行者にんにくの他、とうもろこし、キャベツ、白菜などを栽培している。小林さんの作る野菜は尾瀬市場の各店舗で購入できます。

*山に囲まれた畑で作られている行者にんにく

*山に囲まれた畑で作られている行者にんにく

*収穫の様子

*収穫の様子

【行者にんにく販売店】
尾瀬市場 利根町本店
<住所>群馬県沼田市利根町平川1113
<営業時間>月〜金8:00〜18:00 土日8:00〜19:00
<TEL>0278-50-8139

尾瀬市場 前橋I.C江田町店
<住所>群馬県前橋市江田町279
<営業時間>9:00〜18:00
<TEL>027-210-7070

尾瀬市場inカインズ渋川有馬店
<住所>群馬県渋川市有馬287
<営業時間>9:00〜18:00
<TEL>0279-25-7100

尾瀬市場 産直野菜・高崎
<住所>群馬県高崎市問屋町西2丁目4-17
<営業時間>9:00〜18:00
<TEL>027-363-6660

※掲載内容は2018年4月25日現在までの情報をもとに作成しています。