じゃこの旨味と蕪の甘みがやさしい煮汁で引き立ちます

vol.22 蕪とじゃこのたいたん

vol.22 かぶとじゃこのたいたん

2018年02月22日

 

*調理時間20分 難易度★2

*調理時間20分 難易度★2

材料(4人前)

蕪…5玉(中くらいのサイズ)
じゃこ…大さじ3
油揚げ…1枚
生姜(みじん切り)…大さじ2
輪切り唐辛子…少々
ごま油…大さじ2

塩…ひとつまみ
胡椒…少々
紹興酒…大さじ1
日本酒…大さじ1
みりん…大さじ2
出汁(昆布や鰹など)…100cc
醤油(あれば薄口)…大さじ1

作り方

◯各調理工程のタイトル

 

*1

*1

1 生姜をみじん切り、蕪は皮を厚めに切り、一口大にカットし、茎の部分は
小口切りにする

2 油揚げをこんがり焼いておく

3 フライパンに胡麻油、生姜、じゃこを入れ、弱火でじっくりじゃこの旨味を油に引き出す
※カリカリにしても大丈夫ですが焦がさないよう

*3

*3

4 輪切り唐辛子と蕪を入れ、塩・胡椒をし、強火にしてさっと炒める

5 蕪の表面が少し半透明になってきたら、紹興酒、日本酒、みりん醤油を入れ、煮詰めるように炒める

6 (5の間で)油揚げを1センチ幅程に刻んでおく

7 5に蕪の茎の部分と油揚げを入れ、さっと絡めたら出汁を入れ、そのまま煮る

8 そのまま煮汁が半分くらいになるまで煮詰めたら出来上がり※煮汁が少ししょっぱいと感じる程度がよろしいです

ポイント:蕪は火が入りやすいので強火でさっと後から入れる茎で食感のコントラストを

※掲載内容は2018年2月14日現在までの情報をもとに作成しています。