実は油との相性が良いケール 意外と使い勝手の良い野菜です

vol.16 ケールと小海老のかき揚げ

vol.16 けーるとこえびのかきあげ

2017年11月23日

*作業時間20分 難易度★3

*作業時間20分 難易度★3

材料(4人前)

ケールの葉(30cm大)…2枚
小海老(乾燥)…お好みの量で
小麦粉……大さじ2
片栗粉…大さじ1
卵黄…卵1個分
水…大さじ3

油(胡麻油や米油)…適量(レシピ内記載)
塩・胡椒…(仕上げ)お好みで

作り方

◯ソースを作る

*1

*1

1 ケールを洗い、水気を切りつつケールの葉と茎をわける

2 茎に残った筋状の葉脈を取り除き、長めの小口切りにする

3 葉を2センチ四方程度に切る

4 2と3、小海老をボウルに入れ、振るった小麦粉と片栗粉を加える

5 4をさっくり混ぜる

*6

*6

6 卵黄と水を混ぜ、5に入れ、粉が溶けきらない程度に混ぜる
※混ぜすぎないのがポイントです

7 鍋やフライパンに、2センチ程度の水位になるくらい油を注ぎ170℃まで加熱する
※高温にすると小海老が焦げちゃいます

8 お好みの大きさに成形し、おたまやフライ返しなどでそっと油に入れる

9 水蒸気の泡が落ち着いてきたら一度ひっくり返し、また泡が落ち着いてきたら取り出し、油を切って出来上がり

ひとことコメント:”片栗粉を加える”&”混ぜすぎない” この2つでさっくり仕上がります

※掲載内容は2017年11月15日現在までの情報をもとに作成しています。