渋川市赤城町

あっちゃーふぁーむ ロシアンケール

あっちゃーふぁーむ ろしあんけーる

2017年11月23日

*ロシアンケール 食べ方…サラダ、スムージー、味噌汁等 栄養…カロテン、ビタミンE、カルシウム、食物繊維等 時期…11月〜春先

*ロシアンケール 食べ方…サラダ、スムージー、味噌汁等
栄養…カロテン、ビタミンE、カルシウム、食物繊維等 時期…11月〜春先

*堀井さんと娘さん

*堀井さんと娘さん

農薬・化学肥料を使わず育てたスーパーフード

赤城山麓標高500mほどの畑で、農薬・化学肥料を使わず低肥料で育てられたロシアンケール。栄養価が高く青汁の原料として知られるケールの一種で、独特の苦みが少なく食べやすいのが特徴。肉厚の葉は歯ごたえのある面白い食感で、茎はシャキシャキ。ほんのりした苦みと大根のような辛みのあと、野菜の甘みが味わえる。葉が柔らかい時期はサラダに、少し硬くなる冬の時期はスムージーや味噌汁などにして食べるのがオススメ。

豊かな自然のなかで自給自足の生活を

バックパッカーとしてインドや世界各国を旅行した園主の堀井さん。現地の人々の生活や豊かな自然に魅了され、山中で自給自足生活をしたいと思い、長野にある自給自足生活を営むカナディアンファームで2年修行。有機野菜の栽培や廃材建築などを学び、2011年「あっちゃーふぁーむ」として独立。赤城山麓で季節の野菜を年間50種ほど生産している。
あっちゃーふぁーむの野菜は農薬・化学肥料を使わず、肥料は米ぬかを中心に竹チップや大豆など、その時あるものを加えて発酵させた自家製肥料を使用。また、その有機肥料もできるかぎり使わず、微生物資材などで土中の微生物を活性化させ、山の寒さ対策や気候の変化に気をつけながら栽培。季節の野菜を作り、常時10種ほど出荷している。
野菜の他、自家製ハラペーニョで作ったタバスコや、ホーリーバジルのハーブティー、ポップコーンなど、無添加の加工品も販売中。イベントにも参加しているので要チェック。

*ターサイ、スイスチャードやさつま芋なども

*ターサイ、スイスチャードやさつま芋なども

*無添加の加工品 自家製ハラペーニョのタバスコは辛い物好きの方に試して欲しい一品

*無添加の加工品 自家製ハラペーニョのタバスコは辛い物好きの方に試して欲しい一品

【あっちゃーふぁーむのロシアンケールを取り扱っている場所】
販売店
BIOSK(ビオスク)
<住所>群馬県高崎市中居町2-6-31 <定休日>土曜日・日曜日
<営業時間>11:00〜19:00 <TEL>027-333-5753

 

monsoon donuts
<住所>群馬県前橋市住吉町2-1-18 <定休日>日曜日・月曜日
<営業時間>12:00〜19:00 <TEL>027-226-5241

 

【参加イベント】
ちょいにげマーケット
<日時>12/2(土) 10:00〜16:00 <会場>花のにしはらの横(群馬県桐生市本町2-1-14)
<お問合せ>きりん屋 TEL:080-4870-8213

 

お問合せ

住所 群馬県渋川市赤城町溝呂木1121-4
TEL 090-3522-8241
e-mail achafarm@hotmail.co.jp

※掲載内容は2017年11月15日現在までの情報をもとに作成しています。