豊かな自然に囲まれた碓氷湖近くの可愛い雑貨屋

森の雑貨屋 コロボックリ

もりのざっかや ころぼっくり

2017年05月11日

*オークマン(中央左)やドングリレーサー(中央右)など、愛らしいキャラクターたちの置物 1,500円〜 ストラップやアクセサリーなども販売中

*オークマン(中央左)やドングリレーサー(中央右)など、愛らしいキャラクターたちの置物 1,500円〜 ストラップやアクセサリーなども販売中

自然物の温もりが伝わる心が和むような愛らしい小物たち

*小栗 弘人さん

*小栗 弘人さん

2003年に創業し、その翌年から雑貨屋を開店。店主の小栗さんは、自然物の偶然性からくる面白みに惹かれ、様々な木の実、木、羊毛などを使い、置物やストラップなどの小物を制作している。制作に使う木の実や木は、身近な碓氷の森や、遠出した地で自ら拾ってきたもの。乾燥させてから使うが、木の実はほとんどが虫に食われていたりひび割れたりして、使えるのは形のいいごく一部。制作している時間より木の実を探している時間の方が長いのだという。作品のモチーフは、木の実からインスピレーションを受けたキャラクターや、実在する動物たち。どこか憎めない顔をした彼らと、素材の温もりが伝わる優しい作風が、小栗さんの人柄を伝えてくれる。

碓氷湖近くの森の中に、ちょこんと佇む優しい風合いの建物「森の雑貨屋コロボックリ」。建物はなんと小栗さん自らが建てたのだそう。店内は木と漆喰の温もりを感じるつくりになっており、小栗さんの作品や、木の実のキャラクターたちをイラストにした絵はがきや缶バッジ、奥さんが作った羊毛フェルトの作品、妹さんとお母さんが作った布小物、小栗さんがセレクトした雑貨などが所狭しと並んでいる。また、同敷地内には両親が営むカフェ「コーヒーハウスMINI-MINI」も併設。そこでは碓氷の湧き水で入れた風味の良いコーヒーや、手づくりのチーズケーキなどの軽食が楽しめる。雑貨を見たり、コーヒーを飲んでゆったりしたり、各人が思い思いに過ごせる場所。
作品はここで販売している他、各地のイベントにも年間50日ほど参加し販売している。2017年は6月の半ばから高崎市にある「スローライフトミーズ」内で展示販売を行うので、ぜひ訪れてみて。

*丁寧な手仕事を感じる羊毛フェルトの置物やブローチなど 2,500円〜

*丁寧な手仕事を感じる羊毛フェルトの置物やブローチなど 2,500円〜

*コロボックリ外観

*コロボックリ外観

*コロボックリ内観

*コロボックリ内観

*コーヒーショップMINI-MINI外観

*コーヒーショップMINI-MINI外観

展示販売

会場:スローライフトミーズ
住所:高崎市下之城町177-11 下之城ビル1F
日時:6月半ば〜7月頭まで 平日10:00~19:00/土日祝9:00〜19:00
定休日:火曜日・第3水曜日
TEL:027-388-8713

 

基本情報

【森の雑貨屋コロボックリ】

住所 群馬県安中市松井田町坂本1673
営業時間 10:30〜Sunset
定休日 4〜11月:不定休、12〜3月:水・木
TEL 027-395-3298
e-mail korobokkuri@nifty.com
web https://ameblo.jp/korobokkuri/
 

※掲載内容は2017年4月26日現在までの情報をもとに作成しています。