前橋市富士見町

小林農園 小林みのり 古代米(黒米、赤米、にぎやか米)

こばやしのうえん こばやしみのり こだいまい(くろまい、あかまい、にぎやかまい)

2016年12月08日

top_koba

*古代米(左から黒米、赤米、にぎやか米) 380g500円/1kg1,000円(税込)
食べ頃…新米のうちに 栄養…カルシウム、マグネシウム、ビタミンB1等 食べ方…白米1合に対して小さじ1程度混ぜて炊く。分量はお好みで増やしてもOK。

稲の原種である野生稲の特徴を受け継ぎ、白米よりタンパク質やビタミン、ミネラルを多く含んでいる古代米。栄養素がたっぷり詰まった独特の色をしたぬか層が特徴で、白米に少量混ぜて炊くと、白米が紫色やピンク色に染め上がる。
小林農園では、鶏糞、米ぬか、くん炭を混ぜて発酵させ、半年寝かせた有機肥料を使い、減農薬で古代米を栽培。販売しているのは、紫色に染まる「黒米」、ピンク色に染まる「赤米」、黒米・赤米・希少な緑米の混ざった「にぎやか米」の3種。良い品質の物をお安くたくさん食べてもらえるように、パッケージを飾らない分低価格で販売している。

自然に逆らわず季節にあった野菜・ハーブを

小林農園の代表であり、食育アドバイザーでもある小林みのりさん。育てている農産物はお米・古代米・ハーブ・はちみつなど様々で、古代米は15年、ハーブは30年ほど栽培している。
小林さんのポリシーは、なるべく自然に近い状態で育てること。自然の力に逆らって育てると、その分農薬・肥料などを多量に使う必要が出てくる。安心・安全な物を作るため、自然に逆らわず、夏なら夏の、冬なら冬の、季節にあった野菜を露地栽培している。また、野菜の捨ててしまう皮の部分や、米ぬか、籾殻などは捨てずに、肥料として再利用。使える物を無駄にしないよう、余すことなく使っている。

野菜やお米を生産する傍ら、食育アドバイザーとして季節の野菜とハーブを使った「お料理教室」や「ハーブ教室」、食べられる物だけで作ったキッチンリースなどを作る「蔓やハーブを使ったクラフト講座」も行っている。定期的に開催しているので、詳しくは下記にてご確認下さい。

*小林農園で採れた旬の野菜を使った「野菜ブーケ」。その時々で野菜は変わります。お買い求めはお電話にて。

*小林農園で採れた旬の野菜を使った「野菜ブーケ」。その時々で野菜は変わります。お買い求めはお電話にて。

*料理教室で作ったゆずジャムと、原種に近いハーブで淹れたハーブティー。ハーブ教室も行っています。

*料理教室で作ったゆずジャムと、原種に近いハーブで淹れたハーブティー。ハーブ教室も行っています。

*手前:レモングラスのキッチンリース 奥:蔓と木の実のリース飾り

*手前:レモングラスのキッチンリース
奥:蔓と木の実のリース飾り

【次回開催イベント】
・四季の野菜とハーブの採れたてを食べよう!野菜グラタンづくり
<日時>2017/1/14(土) 10:00〜12:30
<場所>中央公民館 料理実習室・会食室
<参加費>500円※前日からのキャンセル料あり
<申込・お問合せ>TEL027-234-5109、前橋商工会議所HP
・蔓やハーブを使ったクラフト講座 木の実のリースづくり
<日時>2017/3/22(水)10:00〜12:00
<場所>ぐんまフラワーパーク
<教材費>500円〜1,500円
<参加費>500円 ※年間パスポートをお持ちの方は免除
<申込〆切>2017/3/14(火)
<申込>TEL0120-1187-38、ぐんまフラワーパークHP
<お問合せ>ぐんまフラワーパーク 花と緑の学習館講座係 TEL027-283-8189

お問合せ・直売

【小林農園】

住所 群馬県前橋市富士見町小暮421 ※お買い求めの際は事前にお電話ください
TEL 090-2306-1228

※掲載内容は2016年11月30日現在までの情報をもとに作成しています。