悠久の時をさかのぼる器

佐藤 烓

さとう けい

2015年04月23日

*ジャズタンブラー 5,400円、湯呑3,780円〜(各税込)

*ジャズタンブラー 5,400円、湯呑3,780円〜(各税込)

薪を使った穴窯で焼き締め、燻して仕上げる『須恵器(すえき)』の作品。平安時代まで盛んに行われ、その後廃れていった手法だが、佐藤さんは燻すことで現れる渋い色合いに惹かれ、独自に研究を重ねて復活させた。
「石はもともと地中のマグマが酸欠状態でできたもの。それが風化したのが粘土。『須恵器』は粘土を再びマグマに、そして酸欠にして石に戻しているようなもの」と、佐藤さんは語る。
『須恵器』は堅く焼き締まっているので、釉薬を用いないのが一般的だが、佐藤さんは釉薬を組み合わせ、色や質感に変化をつけた独自の世界を表現している。ほんのりと青味や茶色味を帯びたモノクロの色調と石のような質感は、料理や花など入れる物の個性を引き立ててくれる。硬質で丈夫なので、実用にも適しているのだとか。
倉渕町にある工房では、陶芸教室の他、作品の購入ができる。又、高崎市高関町にオープンした『学びの森』では、陶芸教室や陶芸材料の販売も行っている。

*花器

*花器

*須恵 高杯

*須恵 高杯

*花器

*花器

*須恵 箸洗い

*須恵 箸洗い

基本情報

住所 工房兼ギャラリー 群馬県高崎市倉渕町権田5344-146
TEL 027-378-4108
web kurabuchiyaki.net

【学びの森】

住所 群馬県高崎市高関町443
営業時間 火曜日・水曜日の9:30〜21:00

※掲載内容は2015年4月現在までの情報をもとに作成しています。